ここがきついのです、つらい朝が始まるのです

たぶん、お子様のいない女性といつ女性での幸福感の違いは、朝の子供のおこしも関係しているのかもしれません。とにかく子供は置きません。何度起こしても起きないのです。このストレスたるや相当です。なぜならば、母親も朝起きるのがだめ仇ったりもするのです。そこを、何とか起きている。それなのに、延々と、起きて、起きて老いい続けないといけません。それも、1年単位ではありません。幼稚園から、大学まで、一人につき、20年近く、3人いると、30年にわたって繰り返すのです。きついです。こちらも、12時まで、テレビをしてゆっくりして過ごしたいと思っても、子供が勉強していると、先に寝るわけにもいかないのです。一緒に付き合ってしまいます。自然とです。誰に強制されるのでもないのです。自然とそういう流れ名になっていきます。すぐにも眠れません。朝の目覚めは、本当に眠くなった時に起きないといけませんから、つらい朝が始まるのです。