カフェでドラマではよくある想い出に遭遇しました。

最近、カフェでコーヒーを飲んでいたら、ウェイトレスの女児が転んで、お盆の上にのせていたコーヒーをぶちまけてしまいました。しかも運が悪いことに、OLのおじさんが肩の上に。いやあ、驚きましたね。ドラマや喜劇の中ではよくあることでも、実生活の中では、それ程遭遇しない事例だ。これはドラマのワン事態かと思いました。おっちょこちょいの主役が、パートタイマー尖端で大黒星という景況。コーヒーをかけられたOLは、謝り積み重ねるウェイトレスを前にして、怒りたいけど、怒れないという微妙な言動。一旦、わざわざじゃないのですから、捻くれることはできないですよね。店主の第三者がすぐにやってきて、陳謝、そして対話。オーバーホール勘定として代価で弁償するか、汚れた衣服を実際にオーバーホールに出してきれいにして返すか、どちらがいいかをお客さんに決めて貰うのです。OLの第三者はオーバーホールに押し流す人間を選びました。ふむふむそういったふうに解決するのですね。ドラマではここまでは描かれないので、感心してしまいました。