意外なつながりが見えた「ゴッホ展巡りゆく日本の夢」

札幌、東京、京都と三都市を巡回展示している「ゴッホ展巡りゆく日本の夢」を観ました。札幌、東京の展示は既に終わり、今は京都にて展示が行われています。ゴッホと言えば大胆な色使い、代表作のひまわりが一番に思い出されます。日本との係わりと言えば、「タンギー爺さん」の背景に浮世絵が描かれてあったころが思い出されます。この展示会では、入って直ぐに展示会ポスターにも使用されている花魁の絵が掲げられ目を引いています。そこで引き込まれみな、足を止めています。この展示ではゴッホの絵はもちろんのこと、影響を強く受けた北斎の浮世絵も展示がされています。説明を読みながあら、北斎の絵を観ているとゴッホが引き込まれていったジャポニズムの魅力が届いてきます。「ゴーギャンとの確執による「耳切り事件」に関してはさらりと触れられており、精神が不安定になってからの医師の精神的援助、弟のテオからのお金・精神的な援助について説明がされていました。遠く離れている国の画家がいかにしてジャポニズムに影響を受けたか、その軌跡に触れられる展示でした。脱毛ラボ 部位