横のわが家から各週広がる男児のお無し

隣席の住まいの男子は、わが子にもやさしく接してくれて明るくて元気で、それでいてちびっこらしくて我々は大好きです。しかも、女性でいいのに、わたしのことをお姉さんとよんで頂ける。あんな隣席の男子が週末の早朝に、先日流れるサウンドがあります。それが「1.2・3・」と効くながら、なにかを蹴っていらっしゃるようなサウンドなのです。私の男性と、もしやテコンドーとかレスリングとかの演習なのかなと話しているのですが、始まりこそなんのサウンドかなと思ったものの、慣れてしまうとそのサウンドが休みの早朝流れることに「なるほど、今日は休みか」と休みのはじまりののんびりとした発車をきれるのです。だいたい、隣席の子供は、父ちゃんと何かの演習をやるのだと思うのですが、できれば惜しくも各週早朝に続けてほしいなとデタラメながら思っています。うちの子供は、奥さんなので絶対に隣席の男子みたいに思い切り元気に運動することはないと思うので、男子の拡張もかなり楽しみです。