養育ヘルプ核心でパン発明をしてきました

パン整備は毎日家でしないし、それほど低いちびっこがいると実にタームがとれません。
そんな中、地域の養育ケア正中でちびっこは託児に預けてのパン整備があるとの結果参加してきました。
創るパンはアンパンマンのパンなので、ちびっこが好きな気質だったので楽しみに参加しました!

がんらい人見知りもあり、ケアセンターにいっても誰にも語りかけることも出来ずおとなしく毎日過ごしていましたが、パン整備のときはバンダナにエプロンをしてマスクもしていたのでいつもよりどうにも言い出しやすかっただ。
そして、みんなで一緒の運営をするということがすごい親密になりやすいと思いました。
パンをこねたり成型したり、焼いたり。
本当に焼きあがったパンをちびっこにあげると「アンパンマン!!」って言って喜んで受け取るかな〜と思っていたのですが、余程動作がありませんでした・・・。
むしろ、「あんこ〜」といって、アンパンマンのパーツだけを食べてパンは食べてくれなかったのが残念でした。

パンを作ってもパーツしか食べてくれないのはさびしいですが、パン整備はやけにリフレッシュできる素晴らしい時間になりました。
ケア正中の会合に参加できて快くなり、またこれからも参加していきたいと思います。キレイモ 回数