料理好きでも料理嫌いでもオススメの仕方です

家事の中で一番のウェイトを占めるのは1日に3回ある食事ではないでしょうか。一人暮らしの時はその日に食べたいものをその日の気分でコンビニで買ったりしていましたが家庭を持つとそうはいきません。生活費の中で節約しやすいのは食費だからです。
私はスーパーでまずその日の安い食材や保存食にしやすいものをどんどんカゴに入れていきます。ザックリ何千円ぐらいにしたいなと頭で概算しながらです。それから、家に帰った後、今冷蔵庫にある物と買ってきた物を全て書き出します。その食材の横に最低でも一週間分献立を考え、余裕がありそうであれば8日分、9日分と献立を増やします。そうすることでスーパーに行く回数が減り、無駄遣いもしません。そして、何より今日はご飯なにしようと毎日悩まされることもなく、味付けの偏りや野菜不足などが解消されたバランスの良いメニューで過ごすことができます。
買った合計金額の支出は変わりませんが、ある材料でたくさんの日にち分の献立を考えれば考えた分だけ一食分の食費が安くなりわかりやすいのでモチベーションも保ちやすいです。カード ローン 審査 電話