真実とは何かを映画を見て考えさせられました

福山雅治さん主演の映画三度めの殺人を見てきました。
福山さんと別所さんの自問自答するような二人の演技力にも注目が、いくのではないかと思います。
とっても難しい映画で深く考えさせられるような映画でした。
殺人をした役所さんが自らを自白して死刑が確定しますが、その死刑が確定する前に、やっぱり自分は殺してないと言いました。
その意味が分かったような気がします。
役所さんの殺した人の子供がいて、その子供が父親から虐待されていて、役所さんはその子供をかばう、守る為に父親を殺したんだと思いました。
その娘さんの身代わりに殺してもいないのに法に裁かれるという事を自ら選びました。
なんとも言えない気持ちになりました。
真実とは時に人を助けたりたり、恨んだりとするみたいな深い意味があると思いました。
難しい話ですが。
映画って色んな事を教えてくれる気がします。
だからたまには年に2回くらいは映画見に行きます。
のねらな久しぶりに良い映画見ました。ベルタ酵素 どこに売ってる