選手の活動も本格的になってこようとしている時期に

新年も過ぎましてプロ野球は自主トレも始まっているが昨年の暮れから体作りをしている選手もいる。
と言うのもこの春に開催されるWBC(ワールド・ベースボール・クラッシク)に選ばれている選手はこの時期も動いている選手もいると言う。

主にジョギングやキャッチボールなどで済ますこともあるが打者はティーバッティングなどしているので基本的が中心となる。
既に侍ジャパンに選ばれている選手などは本格的な始動に合わせていいると言うが来月のキャンプインまでに出来ている体を作る必要がある。

途中から侍ジャパンのキャンプに入る事になっている事で今の時期に基本的な体力作りは始まっていると言う事になる。
そして、この時期と同時に今年の新人が球団寮に本格的に入ってきましたが中には高校生もいる事で一時的に入る事になるが試験があるのでそれまでは認められている。

しかし、最近の高校は今月中に卒業式があってここからプロの選手としてスタートを切る選手もいるので時代が変わった。
新人は合同自主トレがあるのでここからプロとしてスタートを切ると言う事になる。

これから長いシーズンが始まりましたが新人にとっては社会人と同じなのでこれからだと思っているのです。

あす、サンリオピューロランドへ行きます。

翌日、階層に1度の世帯航海に行ってきます。サンリオピューロランドへ行きます。ディズニーランドが人寄せありますが、うちは、サンリオピューロランドが余裕だ。6年齢の娘は、ぐでたま人気で、ぐでたまに会うのを心から楽しみにしています。屋内フォルムなので、大雨でも大丈夫ですし、必ずや楽しみです。ぐでたま業者もいらっしゃるみたいで、記憶も人一倍買いたいだ。サンリオピューロランドは心から夢想の国々だ。フードアウターの料理も、どれも可愛くて、興奮上がります。今回は、ぐでたま料理が充実しているらしいので、ぐでたま料理中心に食べたいなーと思ってます。ディナーや喫茶店も楽しみです。アトラクションは、サンリオボートライトや、ぐでたま演劇、レディキティハウス、マイメロディドライブ、ティンクリングツアーを予定しています。メリット満載です。ウィークデーは決してまちもないので、いいです。最後にパレードを見て返る考えだ。サンリオ作風たちの健闘が楽しみです。今からわくわくしています。

お人好しで断れない性格が…シフト追加の嵐へ

「おーし、仕事終わったぞー!」

帰ろうとすると、名前を呼ばれました。

ん、なんだろう?と聞くと

シフトの追加です。

日曜日は全部時短勤務だったにも関わらず

フル勤務に変わってしまいました。

そして、休日出勤も。

うーん、断れない性格が裏面に。

「ごめんなさい、ちょっと…」とか「嫌です」って

突っぱねて断われれば良いのですが

本当に断れない性格が露わになってしまいました。

これからも、

「この日どう?」とか聞かれるんじゃないかと

今から少しヒヤヒヤしている私。

でも、一度声かけてみて「いいですよ」なんて

返事があったら、また声かけてきますよね。

なんで、断れないんだ。

本当に嫌気がさします。

帰りの電車で断れる自分になりたい!

って強く思いました。

何も趣味がなく、だらけちゃう毎日なので

お仕事があることは本当に有難いことです。

そして、このお仕事がなくなってしまうと

また職探しから始まるので

縋るような思いもあるんですよね。

お仕事頑張ります。

聞いて下さい。今日の私の案件をまとめます。

今日の天気は、生憎の大雨ですね。すでに、梅雨なので、7月ぐらいまでは、さらに大雨が降りしきるんでしょうね。今日も、午前は、トマトと観覧専門パイナップルの検証を行いました。それから、テレビを見ました。その後は、ベットでオンラインを見ながら、ゴロゴロしたり、大好きなオンラインショッピングをしたりして売りました。そして、昼寝をしていたので、朝食は、食べませんでした。で、腹がすいたので、真昼御飯を食べながら、テレビを見ました。その後は、また、座敷でゴロゴロしたりしていました。そして、小雨のまま外に干していた毛布をちょちょいと取り込んできました。大雨だと洗濯を座敷で干さないといけないので不快ですよね。でも、ウェアは、腹一杯持ち合わせるのだ、断じて、困りません。依然座敷が汚れているので、座敷の始末を日々、少しずつやっています。一度片づけ始めるとうれしいのですが、片づけたいなという気持ちになるまでに、何やらのタームをようするので大変です。高麗美人 公式

予算1円の業種は確保しておきたいですね。

費用1円の不可欠は終始キープして、セイフティネットを引いておきたいです。
でも、1コピー1.35円の不可欠は、間もなく終わってしまう。残念です。
一段とやりたいんですけどね。なかなかないですね。
じゃあ次はリフォームの実態をくださいか。
それとも業務分割払いの実態をくださいか。
業務分割払いの実態は、僅かめんどくさいですね。
そしてリフォームの実態は、どうなるか微妙です。
手を出してみようかと思うのですが、1000コピーぐらいよけいに書くことになりそうです。
でもそれはデモでいいのではないでしょうか。
ぜひやってみませんか。頑張りましょう。
不可欠が忙しくなって欲しいだ。ぐっと不可欠がほしいだ。
お金持ちに恋い焦がれるだ。貧乏人は再び不快だ。
信じていただける客に答えていきたい。ユーザーのことを考えたい。
これは仕事をするときの大基礎ですね。
確認に嫌われても、確定のユーザーのためになる嬉しい記事が書きたい。

自転車で大阪市内にいる園芸中葉へいってまいりました

今日は、大阪で一番安いという評判の園芸軸へいってまいりました。六月の梅雨と言うのに、紫陽花は、はじめ鉢も置いていませんでした。
おマークは、ポーチュラカかベゴニアセンパフローレンスでしたが、そういう通年草は無く。中でも目についたのがビンカでした。個人的にはビンカは毒性もあるし、カットすると枝から白い液体が出て来て被れることも有るので全然好きではなかったのですが、兎に角、際立って魅かれたのがビンカでした。
ビンカも何だかんだシリーズが有るようで、その中でも際立って緩やかな緑色の薄めの葉を押し付けたビンカが有り他の小物より花数も手広くふわっとした気配が至って、南国の模様を感じさせてくれるし、価格も1時40ポット入り800円でこれは安いと、2つ買って送ってもらおうと思ったのですが、ケースお代が800円貢献送料1400円という結果、グッズの上記お金が鳴るのは何だか決意がつかず、1ケースにして自転車の前かごに入れて持って帰りました。

漫画家やってる友達にこの前あったときのこと。

私の友達に漫画家やってるやつがいまして。これって普通に書いてますけど、結構ありえないことだと思ってるんです。例えば、ともだちにショップ店員がいるだとか、友達に美容師やネイリストがいるだとか、芸術関係、おしゃれ関係でそういった仕事をしている人に出会うのはそんなに珍しいことじゃないと思うんですが、漫画家、しかも絵を描くだけで生計を立てている純粋な漫画家ってどれだけいるだろうって考えると決して多くはないと思うんです。まして友達レベルで身近にいるかと言われると、、、彼とは小学生の頃からの仲なんで、なんで友達になったのか忘れちゃいましたけど、さして絵が好きって印象もなかったんですよね。どちらかというと勉強が得意な秀才タイプのイメージで。そんな彼が画に目覚めたのは高校生のころだそう。みんなと一緒に勉強ばっかりする日々が急に面倒くさく思えたんだって。なんかわかる気がするなぁ。それで一念発起して絵を勉強して仕事にしたんだけど、本当に生きていくのは大変みたい。彼をこれからもひそかに応援していきたいな、と思います。アイフル レディース

各種ことをするバラエティープログラムを見た

夜遅くにやっていたバラエティチャンネルを見ました。こういうバラエティチャンネルは、各種未知の世界のことをやっていたバラエティチャンネルでした。最初は、号外についてでした。昔の号外を有するヒトが出ていました。次は、ゾロ目についてやっていました。いろんなところにゾロ目線があるんだなと思いました。次は、四つ葉のクローバーについてやっていました。四つ葉のクローバーを4万誌くらい見つけたことがあるヒトが出ていました。ひっきりなしに四つ葉のクローバーを見つけていました。次は、数億円の芳香についてやっていました。数億円の芳香を探しに、ベトナムにロケに行っていたそうです。これは、また別のお天道様にプラン罹るそうなので楽しみです。次は、やりきれない生き物についてやっていました。悲しい生き物は、トカゲだそうです。あとは、コククジラなどもやり切れない生き物だそうです。次は、デコチャリについてやっていました。デコチャリは、初めて見ました。他にも各種ことをやっていました。

こんなに沢山のお礼を贈ってくれて感激した

数日前突然私宛に荷物が届きました。
通販もオークションも利用してなかったしなんだろうと思ったらネットで交流がある友達からの荷物でした。
先日私は友達に自分がいらなくなった物をプレゼントしました。
定型郵便で送れてしまう小さくて軽い物です。
そのお礼にとタダで貰うわけにはいかないからとわざわざ宅配便を使って色々なお菓子を贈ってくれたのです。
彼女は今出費が掛かって凄く大変な時期ではあるのですが、それなのなこんなにお金を使わせてしまって申し訳ないと思いました。
タダで私があげたのも彼女が今大変そうだから元気になって欲しくてあげるよと言ったのですが、此処まで沢山お礼をしてくれるなんてびっくりです。
驚いたのはそれだけではありませんでした。
お菓子を沢山頂いてしまったと思ったら、なんとクオカードまで入れていてくれてたのです。
何故そこまでしてくれるのだろうか…。
このお礼はいつか何らかの形で必ず返したいと強く思いました。

横のわが家から各週広がる男児のお無し

隣席の住まいの男子は、わが子にもやさしく接してくれて明るくて元気で、それでいてちびっこらしくて我々は大好きです。しかも、女性でいいのに、わたしのことをお姉さんとよんで頂ける。あんな隣席の男子が週末の早朝に、先日流れるサウンドがあります。それが「1.2・3・」と効くながら、なにかを蹴っていらっしゃるようなサウンドなのです。私の男性と、もしやテコンドーとかレスリングとかの演習なのかなと話しているのですが、始まりこそなんのサウンドかなと思ったものの、慣れてしまうとそのサウンドが休みの早朝流れることに「なるほど、今日は休みか」と休みのはじまりののんびりとした発車をきれるのです。だいたい、隣席の子供は、父ちゃんと何かの演習をやるのだと思うのですが、できれば惜しくも各週早朝に続けてほしいなとデタラメながら思っています。うちの子供は、奥さんなので絶対に隣席の男子みたいに思い切り元気に運動することはないと思うので、男子の拡張もかなり楽しみです。